気持ち良さそうなガーデンウエディング。メリットとデメリットを知ろう!

天気が悪くなる可能性も考慮しての準備が必要!

式場の庭や広場などで行われるガーデンウエディングは、解放感が溢れて気持ちの良い挙式のイメージがあるでしょう。この挙式スタイルは、天候にかかっていると言っても過言ではありません。お天気が良ければ、爽やかな青空の下で気持ち良く明るい最高の挙式となるでしょう。けれども雨が降る可能性があることも考えておかなければいけません。小雨の場合は傘をさして行われることもあります。悪天候の際には屋内に移動しての結婚式になる所もあり、晴れと雨の両方の場合についてしっかり打ち合わせや準備をしておくことが大切でしょう。

野外ならではの企画演出も楽しめる!

ガーデンウエディングの場合、野外ならではのさまざまな演出を楽しめることは大きな魅力です。例えば屋内ではできないシャボン玉の演出は、子供たちも喜ぶことでしょう。綺麗な自然の花や噴水などの景色も楽しめますし、屋外でブッフェ型式で食事をするのも楽しいものでしょう。新郎新婦とゲストがガーデンの中で気軽に交われる点も、メリットです。作られたのではない自然の中で、挙式中のたくさんの写真撮影ができる点も良いですね。

新婦もゲストもドレス選びは慎重に・・・

開放的で楽しいガーデンウエディングですが、やはり長時間外にいることになるので服装には工夫が必要です。季節や天候にもよりますが、新婦はあまりにも露出が大きいドレスは控えたほうが良いかもしれませんね。真夏なら日差しもきついですし、寒い日や小雨の場合は体も冷えてきます。これは新婦だけでなくゲストの人たちも注意しなければならない点であり、一枚上に羽織れるものを持っておくほうが安心でしょう。ゲストへの配慮として、服装に関する呼びかけを招待状に添えておきたいものですね。

軽井沢で結婚式を行う場合、豊かな自然に恵まれているなど、周辺環境を重視した式場選びが可能というメリットがあります。