昔と違い結婚式の形式も増えて驚くことが多くなりました

昔の結婚式は家同士がメーンだったのです

かつての日本における結婚式といえば、家と家が親戚となる儀式でした。結婚する本人よりも、親族同士が顔合わせをするものでした。そのために、格式や出身地によっては仕来りが違うため大変気を使ったのです。結婚式は神殿や仏殿が主で、厳かな雰囲気の中で行われ、式が終了すれば両家の親族一同が写真に収まり各家庭に持ち帰ったものです。恋愛結婚であっても、仲人を必ず立てるのが当たり前の時代でした。ところが、時代と共にこのような結婚式が少なくなりました。

神殿ではなく人前結婚式

最近の結婚式には人前結婚式があり、若い人たちに人気があります。神や仏の前で、夫婦の愛を誓うのではなく、親しい人たちの前で厳かに愛を語り夫婦になることを誓うものです。昔の家には、神棚や仏壇がありましたが、今の住まいにはこれが無くなりました。あったとしても、目立たないように普段は仕舞われています。結婚式だからといって、突然手を合わせるには疑問があるのでしょう。仲人を立てるわけでもなく、合理的に考えると親しい人にお知らせの形式が良いのでしょう。

結婚式は届け出るだけ

結婚式を人前で行うのは、披露するのですから世間に知れ渡ります。ところが、結婚式など行わず二人で役所に届出をして終わる人たちも増えています。これは結婚式は行わずに、お互いの両親や家族に集まってもらい、会食をして祝ってもらうものです。このケースには、すでに同棲生活をしており、両親も了解済みということもあります。近年は結婚式と言っても、会社の社長や同僚を呼ぶようなことは敬遠されているので、実質的なことで済ませる人が多いのでしょう。

近年では結婚式を執り行う新郎新婦が減ってきていると言われていますが、一方でカフェやレストランなど小規模なスペースで少人数での結婚式を選択するカップルが増加傾向にあります。