身内のみで結婚式を?!大人数とは違ったメリットは?

費用を削減できる?!

大人数での結婚式の場合、収容人数の問題で広い会場を借りなければいけません。もちろん会場は広ければ広いほど値段は高くなる傾向があります。また結婚式で料理を振る舞うことが一般的とされていますが、多くの人を呼べば呼ぶほど食事に必要な費用も高くなります。他にも招待状や引き出物、メッセージカードなど、様々なものに費用がかかってしまうのです。しかし少人数での家族婚であれば、それらの費用をすべて少なくすることが可能でしょう。又は、一人ひとりに掛ける金額を多くできるので、より豪華な結婚式に招待することが出来ます。

準備期間が短縮できる!

結婚式の準備は大人数であればあるほど時間がかかります。なぜなら全員の席次表を作ったり、誰を呼ぶかを決め招待状を作ったり、実際に参加する人数をさ把握したりしなければいけません。他にも引き出物選びや当日のスケジュールも多くの人を纏めなければいけないので、事細かく計画する必要があります。しかし少人数であれば準備物が少なくて済みます。一般的な結婚式の準備期間は平均的に半年から1年ほどはかかるのですが、少人数であれば3ヶ月ほどで準備を終えることが出来るでしょう。

1人1人に感謝の気持ちを伝えられる!

大人数を招待した結婚式の場合、1人1人に挨拶していると時間が足りなくなってしまいます。また会社の上司などを招いていると、一番感謝を伝えるべきである両親や家族よりも、社交辞令として会社の人達に、感謝を伝える時間を費やさなければいけなくなることもあります。その中には本当にお祝いしたいという気持ちではなく、付き合いで参加せざる得ずに来た人もいるかもしれません。しかし少人数の結婚式では、家族の幸せを祝ってくれる人たちだけが集まり、新郎新婦も家族に感謝の気持ちを存分に伝えられるでしょう。

近年では家族のみの少人数で結婚式を挙げる家族婚を行うカップルが増えてきています。価格がリーズナブルなことに加え、大切な家族にしっかりとお礼を伝えられるというメリットがあります。