それぞれ魅力的な種類がある記憶に残る挙式スタイル

やっぱり王道のキリスト教スタイル

神様に結婚の誓いをするキリスト教式は、カトリックやプロテスタント等の宗派があります。プロテスタントは誰でも気軽に挙式を行うことができるのですが、カトリックは新郎新婦のどちらかもしくは両方がカトリック信者でないとあげることができません。さらにカトリックにおいては離婚が認められていないと言うもので、多くの人がプロテスタント派で挙式を行っています。美しいウェディングドレスやタキシード身に付けて行う挙式披露宴は荘厳な雰囲気があり憧れますよね。

日本ならではの美しい和装が魅力

日本ならではの挙式スタイルと言えば神前式です。キリスト教式とは挙式の流れも名称も違います。大きく変わるのがウェディングドレスを着ないで白無垢などの和装を着用して行います。わざわざ神社に行かなくてもホテルや式場についている神殿で挙式を行うことができます。正しい収容人数が小さい会場が多いことから、参列者の人数が限られてしまう場合もあります。日本人ならではの伝統的な神前式でもう一度日本人ならではの魅力を再確認できることでしょう。

自由なスタイルで新しい人前式

キリスト教式や神前式、仏前式などの多くの宗教が絡む挙式スタイルがある中で、神に誓うこれらの挙式とは違い、参列者全員が立会人となって結婚を見届ける人前式は、オリジナル度が高く自由な結婚式を挙げられることから記念人気が高まってきました。専用の会場も現れるほどの人気で、宗教上にとらわれることなく自由な表現ができることから注目が集まってきました。どんな場所でも結婚式はあげることができるなど、挙式内容も自分たちでアレンジすることができるので、形にとらわれる事ない結婚式でとても新鮮な印象を与えることができるでしょう。

六本木の結婚式場でおすすめなのが、地下鉄六本木駅から徒歩5分県内にある場所にあるものが多いです。1日2組限定で敷地内にチャペルも披露宴会場もあります。アットホームな式を希望する方にはおすすめです。