結婚式にゲストを呼ぶことについて悩んでいませんか?

式場選びにも影響するから

両家の限られた身内や、本当に祝ってほしい友人だけを集めてこじんまりとした式をすると決めている場合ならまだしも、ゲスト層の幅が広い人はどこからどこまで読んだらいいのか、結構悩みますよね。招待状選びもじっくり考えたいのに、まずは招待する人で頭を抱えることに…。招待状をだれに出すのかでもめないためにも、ちゃんとパートナーとは意見を出し合ってくださいね。会社の人ならだれを呼ぶか、遠方の人はどうするか決めることはいっぱいです。

本当に呼びたい人は…

昔は両家で招待客の人数に偏りがないかも重要でしたが、今はあまり気にしなくなってきたようです。偏りをなくすために招待するか迷うレベルの人を呼ぶよりも、本当に結婚式を見てほしい人を選ぶということですね。職場の人を招待する基準ですが、仕事上かかわりのある人はみんな招待するか、ある程度絞るかはよく話し合って。予算がなくて格安婚のプランにする場合なども、ご祝儀から後払いが可能なので、予算がないからといって人数を絞らなくてもいい場合もあります。

ゲストをある程度決めてから…

結婚式でメインになることが考えられるゲストは、新郎新婦の親族とその友人たち、最後に職場関係の人たちです。この中でどれの層が多くなるかで結婚式の雰囲気が決まりますし、それに合わせて具体的なプランを練っていくことになります。親族中心で厳かにやる場合と、仕事でこれからも関わる人が多いフォーマルな式とでは全然違いますからね。つまり結婚式の方向性を決めるためにも、最初にゲストを決めておくことはとても大事なんですよ。

長崎の結婚式場なら、キリシタンの歴史のある教会でも素敵です。伝統的なチャペルで厳かな雰囲気の挙式は記憶に残ります。